ロッキード・マーチン第1四半期決算:2021年1月~3月期

お金

皆さんは、米国株式、Lockheed Martin(ティッカーシンボル:LMT)を、ご存じでしょうか?

アメリカ合衆国の航空機・宇宙船の開発製造会社です。

そこで今回は、ロッキードマーチンが、2021年4月20日に発表した、2021年1月から3月期の決算内容を紹介します。

スポンサーリンク

解説文章読み上げ(ユーチューブ)

ロッキード・マーチン第1四半期決算:2021年1月~3月期

第1四半期決算

EPSは、予想$6.32に対し、$6.56。

売上高は、予想164.2億ドルに対し、162.6億ドル。

売上高成長率は、前年同期比+3.9%でした。

部門別の売上

軍用機部門の売上高は、63.87億ドルでした。前年同期は、63.69億ドル。

ミサイル部門の売上高は、27.49億ドルでした。前年同期は、26.19億ドル。

ヘリコプター部門の売上高は、41.07億ドルでした。前年同期は、37.46億ドル。

宇宙部門の売上高は、30.15億ドルでした。前年同期は、29.17億ドル。

部門別の営業利益

軍用機部門の営業利益は、6.93億ドルでした。前年同期は、6.72億ドル。

ミサイル部門の営業利益は、3.96億ドルでした。前年同期は、3.96億ドル。

ヘリコプター部門の営業利益は、4.33億ドルでした。前年同期は、3.76億ドル。

宇宙部門の営業利益は、2.27億ドルでした。前年同期は、2.81億ドル。

部門別の営業マージン

軍用機部門の営業マージンは、10.9%でした。前年同期は、10.6%。

ミサイル部門の営業マージンは、14.4%でした。前年同期は、15.1%。

ヘリコプター部門の営業マージンは、10.5%でした。前年同期は、10.0%。

宇宙部門の営業マージンは、7.5%でした。前年同期は、9.6%。

2021年の予想

2021年のEPSは、予想 $26.33に対し、新ガイダンス$26.4から$26.70。

売上高は、予想681.3億ドルに対し、新ガイダンス673億ドルから687億ドルが提示されました。

株式投資にはSBI証券がおすすめ

投資を始めたいと思っている方は、是非、SBI証券の口座開設(無料)をお勧めします。

■SBI証券の良い点
・手数料が格安
・投資情報が豊富
・取引の画面が使いやすい
・口座開設が無料

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました