IBM(アイビーエム)第1四半期決算:2021年1月~3月期

お金

皆さんは、米国株式、IBM(ティッカーシンボル:IBM)を、ご存じでしょうか?

アメリカ合衆国のコンピュータ関連企業です。

そこで今回は、同社が、2021年4月19日に発表した、2021年1月から3月期の決算内容を紹介します。

スポンサーリンク

解説文章読み上げ(ユーチューブ)

IBM(アイビーエム)第1四半期決算:2021年1月~3月期

第1四半期決算

EPSは、予想$1.62に対し、$1.77。

売上高は、予想173.5億ドルに対し、177.3億ドル。

売上高成長率は、前年同期比+0.9%でした。

クラウド&コグニティブソフトウェア部門

クラウド&コグニティブソフトウェア部門売上高は、前年同期比+1%の54億ドルでした。

内訳は、

クラウド&データプラットフォームが+10%。

トランザクションプロセシングプラットフォームが-15%。

コグニティブアプリケーションが+2%でした。

グローバルビジネスサービス部門

グローバルビジネスサービス部門売上高は、前年同期比-1%の42億ドルでした。

内訳は、

コンサルティングが+2%。

アプリケーションマネージメントが-8%。

グローバルビジネスサービスが+19%でした。

システムズ部門売上高

システムズ部門売上高は、+2%の14億ドルでした。

内訳は

ハードウェアが+10%。

オペレーティングシステムソフトウェアが-18%でした。

グローバルテクノロジーサービス

グローバルテクノロジーサービス売上高は、前年比-5%の64億ドルでした。

内訳は

インフラストラクチャ&クラウドサービスが-5%。

テクノロジーサポートサービスが-5%でした。

地域別の業績

地域別売上高および成長率は、

米州の売上高は、82億ドルで、成長率は、±0%。

欧州中東アフリカの売上高は、56億ドルで、成長率は、-5%。

アジア太平洋の売上高は、39億ドルで、成長率は、-4%でした。

キャッシュフロー

営業キャッシュフローは、21億ドルでした。

修正フリーキャッシュフローは、22億ドルでした。

株式投資にはSBI証券がおすすめ

投資を始めたいと思っている方は、是非、SBI証券の口座開設(無料)をお勧めします。

■SBI証券の良い点
・手数料が格安
・投資情報が豊富
・取引の画面が使いやすい
・口座開設が無料

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました