アメリカ(米国)上場株の解説:ドリブン・ブランズ

お金

皆さんは、米国株式、Driven Brands Holdings (ティッカーシンボル:DRVN)を、ご存じでしょうか?

全米最大となるオート・サービスの会社です。

そこで今回は、同社の概要・ブランド・強みについて解説します。

スポンサーリンク

解説文章読み上げ(ユーチューブ)

アメリカ(米国)上場株の解説:ドリブン・ブランズ

概要

オート・サービスとは、自動車点検修理、洗車などを指します。

オート・サービスは、市場規模3000億ドルの巨大市場です。

さらに、市場そのものが年率+4%で成長している魅力的な市場です。

また、自動車修理のビジネスは不況に強いです。

ブランド

ドリブン・ブランズは「マイネキ(Meineke)」や「メイコ(Maaco)」「テイクファイブ(Take 5)」「アイエムオー(IMO)」など、複数のブランドを展開しています。

強み

ドリブン・ブランズは、スケールが大きいので部品などを集中購買できることに加え、握っている顧客データをマーケティングなどに利用できるのが強みです。

また、買収により洗車ビジネスにも参入しています。

株式投資にはSBI証券がおすすめ

投資を始めたいと思っている方は、是非、SBI証券の口座開設(無料)をお勧めします。

■SBI証券の良い点
・手数料が格安
・投資情報が豊富
・取引の画面が使いやすい
・口座開設が無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました