お金を貯める方法を二者択一のクイズで解説③仕事&家編

お金

同じような企業に勤めて同じような生活をしていてもなぜかお金が貯まる人と貯まらない人がいる。実はその差は意外にも、身近なちょっとしたことの選択により生じていることが多いようです。果たしてアナタはお金が貯まる人になれるのか…。

そこで、お金が貯まる人と貯まらない人の違いを二者択一のクイズ形式でご紹介。

あなたは「得する人?」それとも「損する人?」

将来設計編日常生活編仕事&家編の3シリーズとなっています。今回は③仕事&家編です。

スポンサーリンク

老後の人生を大きく左右するのがこの2つ!

選択を誤ると大きな損失にもつながりかねないのが「仕事」と「」の問題です。
「定年後も働いたほうがいいのか」「高くてもタワーマンションを買うべきなのか」など
答えに迷ったときは長いスパンで考えると、おトクにつながる正解が見えてきます。

雇用形態:「正社員」VS「非正社員」

問題1
問題1

「正社員」と「非正社員」のどっちがおトク?

回答
回答

正解は「正社員」

非正社員は20代前半までに!早めに正社員になるのが正解

「自分の都合に合わせて働ける」と非正社員を選ぶ人もいます。

しかし、人員削減が必要になれば非正社員は真っ先にカットされてしまいます。

また、40歳を超えると非正社員での雇用も年々難しくなり、結果として給与なども下がってしまう傾向にあります。

20代前半に限るなら、より多くの経験ができるという意味で企業側が雇用しやすい非正社員の選択もアリです。

早いうちにいろいろな経験をして、正社員として一生付き合えるスキルに出合うことが、今の時代を生き抜くのに適した就労スタイルと言えるでしょう。

定年後の再就職:「する」VS「しない」

問題2
問題2

定年後に再就職を「する」と「しない」のどっちがおトク?

回答
回答

正解は「する」

定年後の仕事は発想を転換!人生を豊かにするために働く

将来の年金への不安などから、定年後も働きたいと考える人が増えています。

ただし、フルタイムで働くと厚生年金が減額される可能性が高いです。

そこで、再就職や再雇用の場合は年金の受給の繰り下げを申請することをおススメします。

また、一定の収入を超えない範囲であれば減額されないため、労働時間を縮小するという方法もあります。

できれば、定年後は「お金を稼ぐために働き続ける」から「人生を豊かにするために働き続ける」へと発想を転換したいところです。

趣味を仕事にすれば、生涯現役も夢ではありません。

居住エリア:「都会」VS「田舎」

問題3
問題3

住むなら「都会」と「田舎」のどっちがおトク?

回答
回答

正解は「トカイナカ」

「都会」と「田舎」のよさを併せ持った場所がベスト!

都会と比べて、生活費を低く抑えられるのが田舎暮らしの魅力です。

しかし、田舎は利便性に問題があり働き口も少ないです。

そして、人との繋がりが緊密なだけに、定年後に移住した場合はなかなかなじめないこともあります。

このようにメリットとデメリットが入り混じるため、どちらかを選ぶのはなかなか難しいです。

オススメは、両者の長所を取り入れた「トカイナカ」の選択です。

たとえば、働いているうちは通勤1.5時間を目安に都会から離れて住む。

それだけで、十分自然豊かで物価の安い暮らしを満喫できます。

マンション購入:「タワーマンション」VS「低層マンション」

問題4
問題4

買うなら「タワーマンション」と「低層マンション」のどっちがおトク?

回答
回答

正解は「低層マンション」

住民同士での交流がしやすく家族で長く住み続けられる!

タワーマンションは上層階からの眺望がよく、好立地の物件が多いため高層階なら将来売りやすいです。

しかし、デメリットは地震の際に大きく揺れることや管理費の高さなど。

一方、低層マンションは、セキュリティ面ではタワーマンションの高層階に劣るのですが、住戸数が少なくタワーマンションより住民同士のコミュニティーを築きやすいのが魅力。

家族で長時間住むつもりなら、暮らしやすさから低層マンションがオススメです。

ただし、短期間だけ住み早めに売り抜けるなら高層マンションという選択も大いにあり得えます。

「貯まる人」になるためにはまずは人生設計から考える

どんな就労スタイルで、いつまで働くのかという「仕事」の問題は、どこに住むのか、そして買うのか借りるのかといった「家」の問題と密接に関わっています。

定年後もフルタイムでバリバリ働くことを選ぶなら、交通の便のいい都会のタワーマンションを選択するのが正解かもしれません。

逆に、早期リタイヤを選べば、都会のマンションは売却して田舎に住むという選択肢もありです。


さらに、「仕事」と「家」の問題は、年金や老後のお金作りをどう考えるのかという「将来設計」の選択とも深く関係してきます。

たとえば、定年退職で仕事を完全に辞める選択をするのなら、年金は総受給額が減っても繰り上げ受給を選んだほうが良いです。

ですので、個々の問題を考えるだけでなく人生のグランドデザインをどう描くのかを考えることが大事です。
人生で何に重きを置きたいのかがわかれば、自分にとって得になる選択ができるようになります。そして、お得な選択を積み重ねていけば、自然とお金が貯まる人になれるはずです。

この記事の出典元の雑誌を下記にご紹介しておきますので、興味がありましたら、是非ご参考ください。

出典元

■ダイヤモンド・ZAI(ザイ)2015年7月号


口座開設(SBI証券)

投資を始めたいと思っている方は、是非、SBI証券の口座開設(無料)をお勧めします。

■SBI証券の良い点
・手数料が格安
・投資情報が豊富
・取引の画面が使いやすい
・口座開設が無料

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました