お金を貯める方法を二者択一のクイズで解説②日常生活編

お金

同じような企業に勤めて同じような生活をしていてもなぜかお金が貯まる人と貯まらない人がいる。実はその差は意外にも、身近なちょっとしたことの選択により生じていることが多いようです。果たしてアナタはお金が貯まる人になれるのか…。

そこで、お金が貯まる人と貯まらない人の違いを二者択一のクイズ形式でご紹介。

あなたは「得する人?」それとも「損する人?」

将来設計編日常生活編仕事&家編の3シリーズとなっています。今回は②日常生活編です。

スポンサーリンク

思い込みを捨てればより良い暮らしが見えてくる!

「実店舗でポイントをつけておけば十分」「ガス・電気併用から変えるのは面倒」など、
普段の暮らしが思考停止状態になっていると、「貯まる人」には到底なれない!?
当たり前だと思っていることを改めて比べてみることで、得られるものは実は大きいです!

買い物:「店舗」VS「ネットショップ」

問題1
問題1

買い物は「店舗」と「ネットショップ」のどっちがおトク?

回答
回答

正解は「ネットショップ」

量販店のポイントを考慮してもネット購入のほうが安くなります!

家電や生活用品は安売り量販店で買うのがいちばんおトク、と思っている人は多いです。

しかし、たとえば大型液晶テレビなどはネットショップのほうが数万円も安く買えます。

家電量販店でつくポイントを考慮しても、ネットショップのほうが安いです。

価格比較サイトを利用すれば、各店の販売価格や送料の有無もチェック可能です。

もちろん実店舗にも、現物を手にして色などを確かめられるという利点があります。

そこで、安さ重視ならネット購入で、そうでないものは実店舗と使い分けるのがベストです。

車:「マイカー」VS「レンタカー」

問題2
問題2

車は「マイカー」と「レンタカー」のどっちがおトク?

回答
回答

正解は「レンタカー」

週に一度程度の利用では多額の維持費はもったいないです!

旅行や悪天候時の外出、荷物の運搬時など、マイカーがあれば便利なのは間違いありません。

しかし、マイカーは車両代のほか、駐車場代やガソリン費、保険料、税金、車検などかなりの維持費がかかります。

そのため、利用回数が少ないともったいないです。

たとえば、1300ccの国産車で費用を比較した場合、単純計算では週1回利用ではレンタカーがおトク、2回利用ならほぼ同等の出費になります。

借りる際には手続きが必要など多少手間はかかりますが、家に駐車スペースがなく、週1回程度の利用ならレンタルを選びましょう。

携帯電話:「キャリア」VS「MVNO」

問題3
問題3

携帯電話は「キャリア」と「MVNO」のどっちがおトク?

回答
回答

正解は「MVNO」

ネット通信料だけなら大手3社の10分の1で済む

MVNOは、自社回線網を持たず、他者から借りて通信サービスを提供する業者のことです。

スマホの通話+通信費は、ドコモ、au、ソフトバンクの大手3社では月額5000~1万円ですが、MVNOならネット通信料は1000円以下、通話付きでも2000円以下がほとんどです。

大手より大幅に安くなります。

ただ通話料の定額プランや無料プランはなく、通話は30秒で20円などかなり高めの設定です。

MVNOを使うなら、ネット通信用と割り切る、ネットの通話サービスを利用するといった工夫が必要になるでしょう。

光熱費:「ガス・電気の併用」VS「オール電化」

問題4
問題4

光熱費は「ガス・電気の併用」と「オール電化」のどっちがおトク?

回答
回答

正解は「オール電化」

初期費用の回収に6~7年かかりますが光熱費は年間3割安くなります!

代表的な電気給湯器である「エコキュート」+IHクッキングヒーターでオール電化を実現した場合、ガスの使用料や基本料がなくなり、安い夜間電力で給湯用の電気代もダウンします。

電力会社の試算では、一般的な家庭でガス・電気併用の場合と比べて、約3割光熱費が安くなります。

ただ初期費用の高さは難点で、エコキュート本体と設置工事や旧設備の撤去費用、IHクッキングヒーターの購入費・工事費など計80万円が必要になります。

とはいえ、こちらも試算によると、6~7年後には元が取れそうです。

ペット:「犬」VS「猫」

問題5
問題5

飼うなら「犬」と「猫」のどっちがおトク?

回答
回答

正解は「猫」

飼育費が犬より少なくて済んで、散歩の手間もかかりません!

東京都の調査では、1年間のエサ代と医療費の合計は犬が12万4441円、猫が7万2194円。

仮に、犬の寿命が12年、猫が10年とすると、総資料費は犬が約140万円、猫が約80万円になります。

さらに、犬を室内で飼う場合は体の手入れも欠かせず、サロン代として年4万円ほど追加で必要です。

つまり、飼育費では猫のほうが断然おトクです。

また、猫なら散歩の手間もかかりません。

とはいえ、犬を散歩させると知らない人とも気軽に話せて、近所に”犬友”が増えるというお金では測れないメリットがあります。

学校:「公立」VS「私立」

問題6
問題6

子供を通わせるのは「公立」と「私立」のどっちがおトク?

回答
回答

正解は「公立」

費用対効果から考えると義務教育の間は公立で十分!

文部科学省の試算では、幼稚園から大学まですべて「公立」の場合、総教育費は約600万円、一方すべて「私立」なら約1700万円かかります。

その差は1000万円以上ですが、就職時にその金額に見合うだけの利得が得られるかは疑問が残ります。

しかも、本人の素養や適性があるため、教育の場合は成果が保証されるわけでもありません。

結果にさほど差が出ないのであれば、出費を抑えてコストパフォーマンスを高めるのが順当な考え方です。

少なくとも、義務教育のうちは公立学校で様子を見たほうがよいでしょう。

「当たり前」と決めつけずに改めて比較することが重要

暮らしの中には、十分に検討したわけではなく、以前からのやり方をそのまま続けていることが意外にも多いです。

例えば、一度車を持ってしまうと、なかなかレンタカーに切り替えようとは考えないかもしれません。

また「小さいころから猫より犬が好き」「子どもの教育には可能な限りお金をかけたい」など、気持ちや考えがはっきりしていると、他の選択肢が目に入らないこともあります。

ですが、他の方法や考え方と比べてみると、よりよい選択肢に気づける可能性は高いです。

日常生活を見直し、自分なりの「正解」がわかったら、さらに自分に合った工夫を施すことが「トクする人」になる道です。

この記事の出典元の雑誌を下記にご紹介しておきますので、興味がありましたら、是非ご参考ください。

出典元

■ダイヤモンド・ZAI(ザイ)2015年7月号


口座開設(SBI証券)

投資を始めたいと思っている方は、是非、SBI証券の口座開設(無料)をお勧めします。

■SBI証券の良い点
・手数料が格安
・投資情報が豊富
・取引の画面が使いやすい
・口座開設が無料

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました